ジェネリックの力

シアリスにジェネリックはあるのだろうか

ジェネリックとは

病院や調剤薬局等で、ジェネリックの利用について聞かれた事があると言う人もいるでしょう。
ジェネリックとは日本語では後発医薬品の事です。
先発医薬品と同じ有効成分の薬ですが、医薬品の研究・開発が必要ないので先発医薬品に比べると安価に手に入れる事ができます。
服用方法も同じで、費用が安くて済むので多くの人に選ばれています。

シアリスにジェネリックはあるのだろうか

シアリスとはED治療薬の一つです。
日本で処方されている他の2つに比べると、効果が持続する時間がとても長いと言う事が大きな特徴となっています。
そのため、利用する人も多くいる薬ですが、シアリスを処方してもらう時は自費診療となるので通常の医薬品みたいに3割負担とはなりません。
そこで注目を集めるのがジェネリックの存在です。
シアリスの場合も何種類か存在しています。
それを利用する事で、気になる医療費の節約にもつながるでしょう。

ジェネリックを利用するメリットとは

シアリスはEDの根本的治療を行う薬ではなく、勃起補助の役割を果たす薬です。
そのため性行為の前に服用する必要があります。
ある程度の期間服用すれば良いものではなく、必要な時は毎回服用する必要がある為、年間の医療費がどうしても高額になりがちです。
医療費控除の申請はできますが、出来るだけ安く押さえたいと思う人もいるでしょう。
ジェネリックの場合ははるかに安い薬価となっているので、医療費の心配をする必要はなくなります。

ジェネリックを利用する時に守りたい注意点

シアリスのジェネリックは病院で処方してもらう事は出来ません。
海外医薬品の個人輸入等で手に入れる事は可能ですが、その場合は全て自己責任で服用する事になります。
自分の体調と良く相談してから服用しましょう。
また人気がある薬なのでどうしても偽物が出回っているのが現状で、中には偽者の粗悪品も混ざっていることがあるので注意しなければいけません。
品質の面から言っても安心して利用できる薬を手に入れる事はとても重要です。
まずは信頼できる輸入代行業に注文しましょう。
そうすれば毎回安心して服用する事ができます。

シアリスのジェネリックで勃起力を取り戻す

精力の低下は20代半ばから始まります

男性の精力の低下は考えているよりも早く、20代半ばから始まっています。
人によってその症状が現れるのには時間の差がありますが、大抵の男性の場合、30代半ばあたりから精力低下の症状を感じ始めます。
朝の勃起がなくなったり、性行為の回数が減ったり、勃起力が弱くなったりと、その症状は様々です。
そして、精力の低下が進むと、最終的には勃起不全となり、性行為を行うことも出来なくなってしまいます。

ED治療薬で手間をかけずに勃起力を取り戻す

そうした精力低下の対策法として精力剤による回復方法がありますが、その効果は人それぞれで、どれだけ服用を続けても体に合わず改善出来ないという人も少なくはありません。
そこで、時間をかけずに勃起力を取り戻すのに便利なのがED治療薬です。
服用するだけで、硬い勃起を得ることが出来るので、パートナーがいる方にとっては心強い味方となります。

ED治療薬の中でも人気のあるシアリス

そのED治療薬ですが、今では多くの種類があり、その種類ごとに特徴が違います。
効果は高いけれど、副作用の心配があるものもあるので、その選択は慎重に行わなければなりません。
そこでED治療薬の中でも利用にあたり、副作用が少なく、効果が長時間続くことから人気を集めているのがシアリスです。
力強い勃起を得られるのはもちろん、その効果の持続時間はなんと驚くことに36時間も継続します。
土曜の夕方に服用すれば、日曜日の夜の性行為まで可能なので、パートナーがいる方にとっては、その持続時間はとても魅力的なものとなります。

安く、効果の高いシアリスのジェネリック

そうした優れた効果から人気を呼んでいるシアリスですが、価格は決して安いものではなく、そう簡単に何度も購入できるものではありません。
そこで、今注目を集めているのがシアリスのジェネリックです。
価格はシアリスよりもずっと安いけれど、効果の方は同等のため、こちらを購入する方達が増えてきています。
購入は個人輸入代行でのみしか出来ませんが、今は大手の個人輸入代行サイトもあり、購入も普段利用している通販感覚で行うことが出来ます。
精力低下により勃起力の弱さに頭を悩ませているという方は、安く効果の高いシアリスのジェネリックを調べてみてはいかがでしょうか。

シアリスの利用を考えている方は併用禁忌について要チェック

シアリスの併用禁忌薬について
ED治療薬でもメリットの多いシアリスですが、必ずしも万人向けのクスリという訳ではありません。そのひとつの理由として副作用の問題があります。人によっては頭痛や吐き気、動悸目眩などが強く出て、とても性行為をしているどころではないケースも見られます。またもう一つは併用すると健康被害を及ぼす可能性のある医薬品がある事です。有効成分のタダラフィルは特に肝臓で代謝される成分で、肝臓中のCYP3A4という酵素で分解されるのですが、医薬品の中にはこの酵素を阻害したり誘導したりするものがあって併用しない様にしなければなりません。

CYP3A4阻害剤として有名なのがケトコナゾールやイトラコナゾールです。他にもクラリスロマイシンやテラプレビルも同様の効果を持った薬ですので、これらの投薬で治療を行っている時は医師に相談した方が良いでしょう。またグレープフルーツジュースにも同じ作用があります。ED治療薬では、基本的に食べるのを控える様にされている果物ですので覚えておいてください。またシアリスは血管拡張作用がありますから、服用する事で一時的に低血圧症状になります。そこで普段から低血圧症の方は十分に注意が必要です。もしシアリスの効き目が強く出てしまうと、急性低血圧症で卒倒する事もあるでしょう。そのような心配のある方は、医師に相談をしてから利用するべきでしょう。また反対に高血圧症で治療をしている最中の方も要注意です。なぜなら、高血圧治療剤も血管拡張などで血圧を低下させる薬です。そこにシアリスが摂取されればダブル効果で低血圧化してしまうでしょう。これも健康被害の原因ですから併用は控えるべきです。また心臓疾患系の治療薬も要注意とされています。例えば急性心不全治療剤のカルペリチドは、シアリスと同様に血管を弛緩させる作用があります。つまり勃起解除の酵素・PDE5を阻害して血圧降下を増強する薬であるために、やはり併用投与には注意するべきなのです。この様にいわゆる併用禁忌の医薬品がいくつもあるので、利用者は事前のチェックをするようにおすすめします。