タダラフィル

タダラフィルとバイアグラって何が違うの

一般的にバイアグラといえば勃起改善に効果があると思うほど認知度が高いED治療薬といえるのではないでしょうか。ただ、実際にED(勃起不全)で悩んでいる方はバイアグラ以外にもタダラフィルというED治療薬があることを知っている人も多いと思います。
しかし、実際にはどのように違うか分からないので服用するのを迷っているという人のためにバイアグラとタダラフィルがどのように違うか比べていきたいと思います。
バイアグラはED治療薬としてはアメリカで世界初のED治療薬として開発されました。バイアグラは先行薬の名称でジュネリック医薬品としてはシルデナフィルという名前で販売されています。一方でタダラフィルは近年開発されたED治療薬であり、シアリスという名前の先行薬があり、そのジュネリック医薬品がタダラフィルです。
まず、ED治療薬の効果持続時間で比べてみたいと思います。
バイアグラは一度服用すると約5時間の持続効果が期待できると言われています。しかし、タダラフィルは一度服用するだけで約20時間~36時間もの持続効果が期待できます。つまり、バイアグラに比べて約7倍もの効果があるということです。
次に副作用という点で見ていきたいと思います。
バイアグラは一度服用すると約半分以上の人が何らかの副作用を感じるというデータがありますが、タダラフィルは一度服用しても副作用を感じる人の割合が半分以下なのです。
従って、タダラフィルはバイアグラと比べて、7倍の持続時間で半分以下の副作用しかもたない薬だという事です。
では、タダラフィルのデメリットはなんでしょうか。
バイアグラと比べた場合は2つほどのデメリットがよく挙げられます。1つはバイアグラに比べて値段が少しだけ高いという事。2つ目は血液透析を受けている患者さんは服用することができないことです。
しかし、逆に言えばバイアグラと比べてもデメリットはこれだけしかないということです。
ぜひ、バイアグラを服用している人もタダラフィルを検討してみるのもおすすめです。

タダラフィルとレビトラの違いは

ED(勃起不全)で悩んでいる方の中でED治療薬を服用している人、その中でもレビトラを服用している人もいるのではないでしょうか。しかし、レビトラを服用している人の中にはもっといい薬を試してみたいという人がいるかもしれません。そんな方に検討してほしいのがタダラフィルというED治療薬です。
そもそもレビトラというED治療薬は、バイアグラに続いて開発されたED治療薬です。レビトラという名前は先行薬の名前で、ジュネリック医薬品ではバルデナフィルという名前で流通しています。
レビトラを服用すると効果が継続する時間としては、およそ5時間~10時間と言われています。しかし、タダラフィルは一度服用するだけで、およそ20時間~36時間もの間、効果が持続すると言われており、レビトラと比べても3.5倍ほどの継続時間です。
ちなみにタダラフィルはこの継続時間の長さから、金曜日に飲んで日曜日の昼まで効果が持続することからウィークエンドピルともよばれています。
また、レビトラはタダラフィルと比べても副作用のあらわれ方に差があります。
レビトラはバイアグラ等と同じように、副作用が現れる人の割合が約半分以上と言われています。しかし、タダラフィルは副作用が現れる人の割合は約半分以下と言わており、レビトラの半分ほどしかありません。
つまり、タダラフィルはレビトラと比べたときに、一度服用するとレビトラの約3.5倍もの効果継続時間が期待でき、レビトラの半分以下の副作用しかでないということになります。そう考えると、タダラフィルがED治療薬において画期的な薬とされている理由がわかりました。
ただ、レビトラとタダラフィルを比べた時に金額的な面で多少のデメリットがあるかもしれません。レビトラは開発時期や流通時期がタダラフィルと違って早かったために市場での値段も手ごろなのですが、タダラフィルは近年開発されて流通しただけに値段が若干高いことがあります。しかし、効果や副作用をみると多少の値段の差なんて気にするほどではないということがいえるでしょう。
ぜひ、レビトラを服用している方もタダラフィルを検討してみてはいかがでしょうか。

タダラフィルのメリットって

今、ED(勃起不全)で悩んでいる方の中でED治療薬を服用している人も多いと思います。ED治療薬には様々な種類がありますが、いわゆる”バイアグラ”や”レビトラ”を服用している人も多いのではないでしょうか。しかし、現在ではそれら従来のED治療薬より効果が期待できる”タダラフィル”という薬があるのをご存知でしょうか。
タダラフィルは、シアリスという薬のジェネリック医薬品ですが、バイアグラやレビトラと比べて流通しだした時期が遅くED治療薬の第3世代といってもいいくらい効果等が違います。例えば、現在バイアグラやレビトラを服用している人が気にしているのは持続時間ではないでしょうか。例えば、バイアグラは一度服用すると約5時間、レビトラでも服用してから5時間~10時間ほどしか持続しないといわれています。しかし、このタダラフィルは一度服用すると約20時間~36時間の効果があります。これはED治療薬としてはかなり長く画期的な効果となっています。
また、バイアグラやレビトラを服用している人が他に気にすることとして、ED治療薬と食事の関係ではないでしょうか。
タダラフィルを含むED治療薬は陰茎部の血液の流れを増大させる等して勃起改善をはかっています。しかし、このためにバイアグラやレビトラでは食事にまで気を回さなければいけないというデメリットがあります。例えば一度服用すると食事を気にしないと効果が十分に発揮できない可能性があり、そのためにバイアグラやレビトラの服用者は食事の脂質などを気にする必要があり、心配なことが増えて結果的に心理的圧迫の要因になっている可能性もあります。
しかし、タダラフィルの場合は食事から受ける作用を心配しなくていいといわれています。そのために、一度服用したとしても食事の内容を過度に気にする必要もなく心理的圧迫の要因にもなることはないでしょう。
このようにタダラフィルにはバイアグやレビトラ等のED治療薬と比べてもメリットとなることが非常に多いことがわかります。他のED治療薬を服用している人も、一度検討してみてはいかがでしょうか。

タダラフィルは安全なの

ED(勃起不全)でお悩みのかたの中にはED治療薬を使った治療を考えている人もいらっしゃると思います。そこで数あるED治療薬の中から恐らく効果の長さや副作用があらわれる少なさからタダラフィルを服用してみたいと思っている方がいるでしょう。しかし、一方でED治療薬を服用してみたい方の中には、本当に安全なのかという不安を持っていらっしゃる方が多くいます。そこで今回は”タダラフィル”が安全かどうかを見ていきたいと思います。
まず、タダラフィルは日本イーライリリー株式会社が先行薬として開発した”シアリス”という薬のジュネリック医薬品であるということを知っておいてください。このタダラフィルは他のED治療薬と比べて効果の持続時間が長いことが特徴です。また、副作用のあらわれ方も従来のED治療薬よりも約半分程だというデータもあります。
このタダラフィルをはじめとしたED治療薬は、陰茎部周辺の血流を増大(または減少)させることでED(勃起不全)を解決しようという仕組みになっています。ただし、従来のED治療薬には日常的に服用するうえで一つ問題がありました。それが食事への配慮です。
従来のED治療薬では、服用している間に取る食事の脂質の量など、細かい点に注意しなければいけませんでした。これは食事をとることによってED治療薬本来の効果が期待できなくなるからです。しかし、タダラフィルはこれら従来のED治療薬にはあった食事への配慮を気にしなくてよいというメリットがあります。
また、タダラフィルを安全性を証明するものとして世界中での使用率の高さがあります。タダラフィルは現在、世界中において100ヵ国以上で使用されており、また世界中でのシェア率も約40パーセントと非常に高いものになっています。
このように従来のED治療薬とは異なったメリットをもつタダラフィルは使用している人も多く安心して服用できる薬だといえます。
もし、ED治療薬で悩んでいる方がいるならタダラフィルを一度検討してみるのもいいかもしれませんね。

タダラフィルと他のED治療薬の違いは

ED(勃起不全)で悩んでいる方は”タダラフィル”という名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
このタダラフィルは世界中での使用シェア率も約40パーセントと非常に高いのも特徴のひとつですが、ED治療をされている方はタダラフィル以外のED治療薬も試してことがある、もしくは名前ぐらいは聞いたことがあると思います。
タダラフィル以外でED治療薬として有名なのが”バイアグラ”と”レビトラ”です。
このバイアグラは世界初のED治療薬としてアメリカで開発され、恐らくED治療薬といえばバイアグラと答えが返ってくるくらい認知度が高いお薬です。バイアグラは先行薬の名称ですので、ジュネリック医薬品としてはシルデナフィルと呼ばれています。
レビトラはバイアグラに次ぐ第二世代のED治療薬ともいえ、バイアグラの欠点を少し補っている形のお薬になっています。このレビトラも先行薬の名前ですので、バルデナフィルと呼ばれているジュネリック医薬品が存在します。
これら二つのED治療薬ですが、タダラフィルと決定的な差があります。それは効果の持続時間です。
一般的に知られているバイアグラは一度服用するとその持続時間は約5時間といわれています。また、レビトラも用量によりますが5時間~10時間程の持続時間が期待できます。つまり、これらバイアグラとレビトラは服用するタイミングに気を付ける必要性が出てきます。ですので性行為を行いたい時間をしっかりと確認する必要性があります。
これらに比べてタダラフィルの効果持続時間は20時間~36時間と一般的にいわれています。これは持続時間としてはバイアグラの約7倍で、レビトラの約3.5倍です。このことからタダラフィルは”ウィークエンドピル”という名称も付けられています。
もし、ED治療薬を探していて迷っている方がいたら飲み合わせ等に気を付けるとともに効果が長く続く”タダラフィル”を検討してみてはいかがでしょうか。