タダラフィル

シアリスはスロースタートで長持ちのED治療薬!

シアリスはちょっと特別なED治療薬
ED治療薬には3種類ありますが、その中でもシアリスはバイアグラ・レビトラとはコンセプトが異なる治療薬です。それはシアリスが長時間効果持続の性質を持っているからです。ちなみにバイアグラは3時間前後、レビトラでも20mg錠剤でさえ10時間と持ちません。しかしシアリスは最長で36時間も効果を発揮しますから、服用して1日半ずっと勃起力がえられるのです。ですが健康体の方であれば、36時間も要らないというかもしれません。あるいは性行為をしていない平時はどうなってしまうのか?と心配する人もいるでしょう。ですが、この時間的な余裕はケースによっては大きなメリットになります。まずED症状の方にとって、服用のタイミングを気にしなければならないバイアグラはストレスの元です。空腹時で性行為の1時間前、しかも効果が3~4時間と限定されては焦ってしまって性的興奮状態に入れない方もいます。その点シアリスは服用3時間後から効き始めて、しかも30時間以上も効果が継続しているので、週末を使ってじっくりとED治療に取り組みたいカップルには最適です。バイアグラよりも副作用が少ないというメリットもあります。つまり1錠服用すれば副作用も限定的、しかも週末たっぷり使ってじっくりとED治療が出来る優れた薬なのです。

36時間の持続性をもつシアリスの仕組み
ED治療薬以外のシアリスの有効成分はタダラフィルといって、主に勃起不全と肺動脈性肺高血圧症と排尿障害の治療薬として活用されています。このタダラフィルは、バイアグラやレビトラと同じ様に勃起状態を解除させる酵素・PDE-5の働きを抑制する効果がありますから、この薬が効いている間はマックスで勃起状態がキープできるという事です。シアリスには有効成分であるタダラフィルが5mg含まれた錠剤と、10mg・20mgの錠剤の3種類があります。医師による処方の場合は、個々の症状や反応によって薬の強さを調整させるのが一般的ですが、個人輸入による利用の場合は副作用も含めた使用上の注意を、十分に理解しておくようにおすすめします。

タダルフィルの効果はいろいろあるの

ED(勃起不全)で悩んでいる人の中でED治療薬を用いた療法を考えている人もいると思います。そんな人はインターネットを使って色々ED治療薬について調べていると思いますが、特にタダルフィルについては色々な情報が載っており本当にED治療にいいのか疑問に思っている人も多くいるでしょう。今回はタダルフィルの効果などを簡潔にまとめてみていきたいと思います。
まず、タダルフィルというのはシアリスという薬のジュネリック医薬品の名前です。タダルフィルは他のED治療薬と比べても近年開発されたために期待できる効果が非常に高いのが特徴でもあります。
そんなタダルフィルはED治療薬を使用する際に気になる、効き始めの時間と持続時間が長いことが強みのひとつです。
例えば、他のED治療薬だと持続時間が5時間~10時間ほどなのに対し、タダルフィルは持続時間が20時間~36時間と約7倍もの効果があります。また、効き始めの時間も早く、服用後一時間で性行為に至ることが可能です。
次にタダルフィルの強みとして食事の影響を受けないという事があります。他のED治療薬は一度服用してしまうと、食事をとることによって効果が最大限発揮できなくなってしまうので気を付けなければいけません。しかし、タダルフィルは食事に気を付ける必要性がなく一度服用すれば効果をしっかりと発揮することができます。
このようにタダルフィルは持続時間も長く食事にも影響を受けないので精神的に安心して服用することが出来ます。例えば、従来のED治療薬では服用時間を気にしたり食事を気にすることにより、結局性行為の時には失敗してしまうということがありました。しかし、タダルフィルなら持続時間が長いために半日前から服用することもできるだけでなく食事も気にしなくていいために、普段と変わらない自然な精神状況で性行為に入ることが出来ます。そのために性行為自体を成功する確率が高まります。
このようにタダルフィルは他のED治療薬と比べてもメリットが多いです。ぜひ、ED治療薬を検討している人はタダルフィルを試してみてください。

タダルフィルは精神安定剤と服用できる

ED(勃起不全)で悩んでいる方は多くいますが、その原因として大きく2つがあります。1つは心因性のED、もう1つは加齢によるEDです。この2つの治療にはED治療薬であるタダルフィルは非常に有効なのですが、それに加えて精神安定剤を服用させる医療機関もあります。では、なぜ精神安定剤を同時に服用しなければならないのでしょうか。
まず、心因性という言葉はEDで悩んでいる人は聞いたことがあるかもしれません。例えば、若い頃に性行為を行った際、自身のせいで性行為が失敗に終わってしまうとします。そのときのことをトラウマとして心が憶えてしまい、性行為をしようとしても勃起しないことを心因性のEDといいます。また、加齢によるEDというのは人の体の構造上、老化が進むと生殖の必要性が少なくなり勃起の質も下がってしまいます。それによってEDとなることをいいます。
特に前者の心因性のEDにはタダルフィルは非常に有効で、タダルフィルを服用をすることによって勃起に成功するとします。そして、性行為でも成功を納めることを繰り返すことで自信を付けて最終的にはタダルフィルなしでも性行為をすることができるようになります。
では、医療機関を受診した際に精神安定剤を同時に処方するところもあるのですが、これはなぜでしょうか。
それは少しでも心の不安をなくすという事が目的のようです。
心因性のEDはもちろんのこと、加齢によるEDでも性行為をしようとしたときには様々な不安が押し寄せると思います。本当にうまくいくのか、ちゃんと勃起できるのかなどです。
これらの不安を少しでも和らげる目的で精神安定剤を服用することにより、タダルフィル等のED治療薬の効果を最大まで高めることが出来るのです。
もし、EDで悩んでいてタダルフィルを服用している人は心の不安を取り除くという事を行ってみてください。
それによりタダルフィルの効果を更に高めることができ、性行為を成功させることができるようになります。ぜひ、タダルフィルを利用してEDを治療してみてください。

タダルフィルは本当にEDが効くの

ED(勃起不全)といってもその原因は多種多様です。しかし、EDを治療したい人からするとED治療薬を使った治療が有効なら使ってみたいと思う人が多いと思います。ED治療薬というとタダラフィルは近年非常に有効的な薬として認知されていますが果たして本当にEDに有効かどうかを見ていきたいと思います。
EDの原因は多種多様だといいましたが大きく分けて考えると2つに絞ることができます。一つは心因性のEDで、もう一つは年によるEDです。
心因性のEDは若い人に多く見られることで有名で、過去のトラウマなどが原因とされています。例えば、初めて付き合った彼女と交際が進展し性行為をするとなったときに相手の女性が経験豊富かつ男性が初めてというときに性行為が上手くできなかったために女性から何かを言われて、それがトラウマとなりEDとなってしまうのです。
これと異なり、年によるEDというのはトラウマ等が原因ではありません。人は若い頃は性欲が強いものです。例えば、男性の皆さんなら経験があると思いますが、ちょっとしたことで勃起をしてしまうなどいつでも性行為ができるような体になっています。
しかし、人間も動物ですので年を取ると生殖の必要性が薄くなってきます。従って年を重ねるごとに性欲は減退していき勃起の質も悪くなりEDとなってしまいます。
では、これらを原因とするEDにタダラフィルは有効なのでしょうか。
一つ目の心因性のEDにはタダルフィルは非常に有効と言えます。理由としてタダルフィルを服用することにより勃起に成功し性行為を行う事により自信を付けていき、最終的にはタダラフィルなしでも性行為を行うことが出来るようになります。
しかし、一方で加齢によるEDは根本的な解決をタダルフィルで行う事は難しいでしょう。やはり、加齢によるEDは人間としての自然な仕組みですので治療薬をもってしても難しいです。ただ、勃起の質を改善させることによって性行為を成功させるという事はタダルフィルで十分に可能です。

タダラフィルは服用し続けても安全

ED(勃起不全)で悩んでいる方の中にはED治療薬を服用している人も多いのではないでしょうか。ただ同時に気にするのは薬の安全性や長い間にわたって服用しても安全かどうか等だと思います。
ED治療薬の種類にはいくつもあるのですが、代表的なものとしてはバイアグラやレビトラ、タダラフィルではないでしょうか。この三つの薬は医療機関でも処方されることも多く服用者も多いのが特徴です。
まず、薬の中で依存性が高いといわれるものには神経に効く治療薬が多いのが特徴です。しかし、バイアグラ・レビトラ・タダラフィルの三つとも神経に作用する薬ではありません。この三つのED治療薬は主に陰茎部周辺の血流の流れを増大させるなどして勃起改善を促す効果があるのです。
従って、バイアグラ・レビトラ・タダラフィルの三つとも依存性はないといっていいでしょう。
では、依存性がないからと言って長期的に使用することで根本的に治療できるかというとそうではありません。EDにはいくつか要因がありますが主に二つが大部分を占めているといわれています。
一つ目は心因性のEDです。心因性というものは心の影響からEDになってしまうということです。例えば、過去に性行為を行った際に上手くいかずに女性から何か言われた経験がトラウマになり勃起できなくなるといったケースです。
二つ目は年によるEDです。男性の皆さんなら経験があるとは思いますが、若い頃の性欲というものは非常に強いものがあります。しかし、年を取ると勃起をする回数が減ったり、勃起の質自体が低下してしまうというケースです。
この二つの要因は確かにED治療薬を飲むことで治療できる可能性はあります。特に一つ目に挙げた心因性のEDは、ED治療薬を服用することにより性行為を成功させると自信が付き、ED治療薬無しでも勃起することができるようになるということです。
しかし、二つ目に挙げた加齢によるEDは人間的な機能としてどうしようもないことです。若い頃は繁殖をしなければならないので性欲も強く勃起もしますが、年を取ると繁殖の必要性が無くなり勃起自体をしなくてよい体になってしまうのです。
ただ、ED治療薬を使うことによって勃起の質自体を改善することでパートナーとの性行為を楽しみたいという人にはタダラフィルなどはオススメできます。
従って、性行為を改善したいという人でも依存性がないタダラフィルなら安心して服用できるので、検討してみてはいかがでしょうか。