シアリスの利用を考えている方は併用禁忌について要チェック

シアリスの併用禁忌薬について
ED治療薬でもメリットの多いシアリスですが、必ずしも万人向けのクスリという訳ではありません。そのひとつの理由として副作用の問題があります。人によっては頭痛や吐き気、動悸目眩などが強く出て、とても性行為をしているどころではないケースも見られます。またもう一つは併用すると健康被害を及ぼす可能性のある医薬品がある事です。有効成分のタダラフィルは特に肝臓で代謝される成分で、肝臓中のCYP3A4という酵素で分解されるのですが、医薬品の中にはこの酵素を阻害したり誘導したりするものがあって併用しない様にしなければなりません。

CYP3A4阻害剤として有名なのがケトコナゾールやイトラコナゾールです。他にもクラリスロマイシンやテラプレビルも同様の効果を持った薬ですので、これらの投薬で治療を行っている時は医師に相談した方が良いでしょう。またグレープフルーツジュースにも同じ作用があります。ED治療薬では、基本的に食べるのを控える様にされている果物ですので覚えておいてください。またシアリスは血管拡張作用がありますから、服用する事で一時的に低血圧症状になります。そこで普段から低血圧症の方は十分に注意が必要です。もしシアリスの効き目が強く出てしまうと、急性低血圧症で卒倒する事もあるでしょう。そのような心配のある方は、医師に相談をしてから利用するべきでしょう。また反対に高血圧症で治療をしている最中の方も要注意です。なぜなら、高血圧治療剤も血管拡張などで血圧を低下させる薬です。そこにシアリスが摂取されればダブル効果で低血圧化してしまうでしょう。これも健康被害の原因ですから併用は控えるべきです。また心臓疾患系の治療薬も要注意とされています。例えば急性心不全治療剤のカルペリチドは、シアリスと同様に血管を弛緩させる作用があります。つまり勃起解除の酵素・PDE5を阻害して血圧降下を増強する薬であるために、やはり併用投与には注意するべきなのです。この様にいわゆる併用禁忌の医薬品がいくつもあるので、利用者は事前のチェックをするようにおすすめします。