レビトラについて

■レビトラとは
レビトラはドイツに本社を持つバイエル薬品が製造する世界で2番目にできたED治療薬です。
日本では2004年に認可されました。

バイアグラとの違いは食事の影響を受けにくいところ。
バイアグラの欠点である『食事の影響』を解消するために開発されたと言っても良いくらいです。
レビトラの成分は『バルデナフィル』。
5mg 10mg 20mgの3種類のサイズがあります。

■レビトラの効果
成分のバルデナフィルは、勃起を妨げる酵素(PDE5)を阻害する働きがあります。
この点は、他のED治療薬と同じ作用ではありますが、
レビトラの特徴はバイアグラに比べ効果の即効性があります。

空腹時であれば服用して20分程度で効果が出始めるのです。
レビトラも性的欲求を高める薬ではないので、薬が効いている間に他の要因で性的興奮が高まった時に勃起しやすくする薬です。

効果の持続時間はおおよそ5~10時間程度。
おおよそというのは薬の量によって持続時間が変わってくるからです。
一般的に処方されるのは10mgと20mg
・10mgでは5~6時間の効果の持続
・20mgでは8~10時間の効果の持続

■レビトラの飲み方
レビトラは前述の通り、即効性があるので20分くらいで効いてきますが、
食事後や個人差で確実に効いてくる時間が変わってきます。
ですので、性行為の1時間程度前に飲むのがオススメです。

食事の影響はバイアグラに比べると受けにくいのですが、
それでも標準的な食事量よりも多い場合には薬の効きはじめる時間や効果が薄れてきてしまいます。

この場合の標準的な食事とは、700kcal程度とされ、
全カロリーの脂肪の割合が30%程度であれば良いとされています。
■レビトラの副作用
レビトラの副作用としては、
目の充血、顔のほてり、動悸、頭痛等です。
強い副作用は少ないとされています。

ただし、心臓疾患、脳の血管疾患の既往歴をお持ちの人は、
使用できない場合あり。
現在治癒しているのであれば、医師の診断、相談の元での服用をオススメします。

通常の副作用であれば薬の効果の持続時間が終わると共に消滅します。

コメントを残す