タダラフィルとバイアグラって何が違うの

一般的にバイアグラといえば勃起改善に効果があると思うほど認知度が高いED治療薬といえるのではないでしょうか。ただ、実際にED(勃起不全)で悩んでいる方はバイアグラ以外にもタダラフィルというED治療薬があることを知っている人も多いと思います。
しかし、実際にはどのように違うか分からないので服用するのを迷っているという人のためにバイアグラとタダラフィルがどのように違うか比べていきたいと思います。
バイアグラはED治療薬としてはアメリカで世界初のED治療薬として開発されました。バイアグラは先行薬の名称でジュネリック医薬品としてはシルデナフィルという名前で販売されています。一方でタダラフィルは近年開発されたED治療薬であり、シアリスという名前の先行薬があり、そのジュネリック医薬品がタダラフィルです。
まず、ED治療薬の効果持続時間で比べてみたいと思います。
バイアグラは一度服用すると約5時間の持続効果が期待できると言われています。しかし、タダラフィルは一度服用するだけで約20時間~36時間もの持続効果が期待できます。つまり、バイアグラに比べて約7倍もの効果があるということです。
次に副作用という点で見ていきたいと思います。
バイアグラは一度服用すると約半分以上の人が何らかの副作用を感じるというデータがありますが、タダラフィルは一度服用しても副作用を感じる人の割合が半分以下なのです。
従って、タダラフィルはバイアグラと比べて、7倍の持続時間で半分以下の副作用しかもたない薬だという事です。
では、タダラフィルのデメリットはなんでしょうか。
バイアグラと比べた場合は2つほどのデメリットがよく挙げられます。1つはバイアグラに比べて値段が少しだけ高いという事。2つ目は血液透析を受けている患者さんは服用することができないことです。
しかし、逆に言えばバイアグラと比べてもデメリットはこれだけしかないということです。
ぜひ、バイアグラを服用している人もタダラフィルを検討してみるのもおすすめです。

コメントを残す