ED治療薬の入手方法

■ED治療薬を手に入れる方法とは?

ED治療薬は、個人で街のドラッグストアにいっても手に入りません。
国内の通販サイト、オークションサイトでも購入できません。
個人間の売買等は違法行為なので絶対にしてはなりません。

現在日本国内で合法でED治療薬を手に入れる方法は、
おおむね2つの方法に絞れます。
順番に説明していきましょう。

■病院に行く

最も選ばれる方法が病院に行って、医師の診察を受けること。
ちなみにED治療薬に関しては『ED専門の医師』のいる病院がオススメです。

診察を受けての処方、投薬になりますが、
『診察時に性器を見せるのに抵抗がある・・・・』という方もいるようですが、

基本的にはそのようなことはありません。
ED治療薬に関しては問診と血圧測定だけで処方される場合が多いようです

治療の過程で器質性のEDや性器自体に異常があることがわかれば、
性器の診断も受ける可能性はありますが・・・

通常だとありません。
診察自体はすぐに終わる簡単なものです。

また、1回に処方できる薬の数は自由診療の薬なので特に制限はありません。
ただし、クリニックの判断で上限を設けていることが多いようです。

1錠からでも購入できますし、一般的な量としては、バイアグラであれば1シートの10錠程度、
多くても1ヶ月分にあたる30錠程度が目安でしょう。

■個人輸入をする。

ED治療薬を手に入れるのに、
・わざわざ病院に行くのが面倒臭い。
・EDであることを他人に伝えるのが恥ずかしい。
・1度診察を受けて服用して反応が良いのでリピートしたいけど面倒。
等といった声が多数聞かれます。

本当は病院での診察を受け、ED治療薬を手にいれるのが一番良いのですが、
上記の理由等で病院に行くのが嫌だ。面倒だ。
という方には1つ方法があります。

それは『個人輸入』です。
ED治療薬の個人輸入と言っても、もちろん”違法”ではありません。

薬事法では海外の薬を個人で使用する分として輸入するのは認められています。
ただし、通常の薬だと2ヶ月分が上限の目安とされているが、
ED治療薬の場合は、1日1錠の用量で1ヶ月分。
つまり30錠までが目安とされています。

■ED治療薬に健康保険は適応?
ED治療薬は健康保険の適応外です。
診察を受けての処方ではありますが、保険証も必要ありません。
診察代や薬代は病院によってマチマチです。

■ED治療薬の個人輸入の仕方
ED治療薬の個人輸入の仕方ですが、
個人で海外の薬の販売業者と連絡を取っても良いのですが、難易度が高いのも事実です。

日本国内の通販サイトの中には、
ED治療薬の個人輸入の代行を行ってくれる業者もあります。

病院で手にいれるよりも安く済むこともあるので選択肢の1つと考えても良いでしょう。

コメントを残す