ED治療薬が飲める人、向かない人

■ED治療薬が向かない人っているの?
バイアグラ等のED治療薬を飲んではいけない人というのがいます。
例えば、狭心症等の心臓疾患を持っている方はED治療薬の服用を控えた方が良いでしょう。
特に『ニトログリセリン』等の硝酸剤を服用している人は絶対にダメです。

ED治療薬はペニスの血管を拡張させ血流を良くして勃起させるという効果があります。
ニトログリセリン(硝酸剤)には冠動脈を拡張させる効果があります。
冠動脈を拡張させると共に、全身の血管も拡張させます。

つまりED治療薬とニトログリセリンとの相乗効果で、極端な血圧低下を招きます。
極端な血圧低下で起こるのは、失神やめまい等。
場合によっては命に危険を及ぼすことも。

また、硝酸剤を使用していなくても、
元々極端な低血圧の方もやはりED治療薬は向いていません。

逆に極端な高血圧の方は、ED治療薬の効果によって、心筋梗塞や狭心症、脳卒中を起こすことがあるので使用の前に医師に相談すること。
または高血圧症を治してからの服用になります。

その他の理由でのED治療薬が向かない人も含め、まとめてみると、
・硝酸剤を服用している人。
・極端な高血圧の人。
・極端な低血圧な人。
・ED治療薬でアレルギー反応を起こしたことがある人。
・脳梗塞、脳卒中、心臓疾患の既往歴がある人。
・体力的に性行為が難しい人。

これらの項目に当てはまる方は基本的にED治療薬が向いていません。
ですが、完全に服用不可と決まったわけではありません。

現在、疾患が治癒している方や程度がそれほどでも無い方は、ED治療薬が服用できる可能性があります。
安心安全に服用する為に、医師の診断や相談をしましょう。

■ED治療薬を飲める人

ED治療薬が向かない人を取り上げてきましたが、
ここでは特に『ED治療薬が向いている人』を取り上げてみました。
・上記の疾患があっても治癒しており、医師からの許可をもらっている人。
・健康体である人。
・器質性以外のEDで悩んでいる人。
・朝立ちはするが夜のセックスでは勃たない。
・硬さが足りない程度の人。
・途中で萎えてしまう。中折れ状態の人。

■ED治療薬に年齢制限はあるの?
基本的にはありません。
健康体で性欲があれば、80歳の方でも使用して構いません。
ただし、性行為をすることができる体力が備わっているか?が服用の可否のポイントになります。
体力があって健康体の80歳の方であれば全く問題ありません。

コメントを残す