ED治療でよく聞くタダラフィルとは

世の中の男性の悩みで多いと言われいるもののひとつが”ED(勃起不全)”です。
このEDとは男性器が何らかの要因でうまく機能しないこと、つまり勃起したくても出来ないという症状のことを総称してEDといいます。
もし、あなたがこの症状で悩んで病院に行くとして最初に処方される可能性が高い薬が”タダラフィル”と呼ばれるものです。
このタダラフィルは”シアリス”とも呼ばれているED治療薬で、日本ではED治療薬として三世代目のお薬となっています。この薬は日本でのシェア率が高いことはもちろん、世界100ヵ国以上で使われており、そのシェアは世界で約40パーセントを超えている非常に使用率が高いED治療薬です。
では、なぜこのように多くの支持を集めているかというと、その一つの答えに”ウィークエンドピル”という別名がついていることが大きな要因と言えるでしょう。
ウィークエンドピル、つまり長い期間薬の効果が期待できるということです。その持続性としては、一度服用してから約36時間~48時間程効果が持続すると言われています。従って、金曜に服用すると日曜の昼もしくは夜まで効果が持続するという事でウィークエンドピルという愛称がつけられています。
では、ここまで効果が続く薬となると値段も高いのではと心配になっている方もいらっしゃると思います。しかし、このタダラフィルはジュネリック医薬品なのです。
ジュネリック医薬品というのは、大きな製薬会社などが従来になかった新しい薬を開発した時に莫大なコストがかかっているということを考慮して20年間は特許を与え、新薬の独占的な製造と販売を許します。しかし、特許が切れたら他の製薬会社も製造できるので従来よりも同じ効能で安く製造・販売することができるのです。そうして作られた薬がジュネリック医薬品といい、このタダラフィルもシアリスという薬のジュネリック医薬品なのです。
ですので、EDで悩んでいる方は手ごろな値段で試すことができるので一度試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す